小児脳腫瘍における化学療法の基礎知識
兵庫県立こども病院血液腫瘍科   小阪 嘉之

1 章  2 章  3 章  4 章  5 章  6 章 

はじめに 〜小児脳腫瘍の化学療法

小児の脳腫瘍の多くは化学療法に対して感受性があり(抗がん剤が有効であり)、疾患に よっては、化学療法を十分行うことにより、放射線療法の照射を減量、あるいは完全に中止 することができる。これによって、放射線療法の副作用、特に小児にとっては大きな問題と なる、晩期障害(精神遅滞、成長障害、2次がんなど)を軽減することができる。しかし、化学 療法にも様々な副作用、毒性があり、これらを克服することが原疾患を治癒させるためには 必要となってくる。


図1
小児脳腫瘍の化学療法

小児の脳腫瘍を治療していくためには、脳神経外科、放射線科、病理、小児科の連携が必要不可欠である。 複数の診療科が協力して、それぞれの専門分野を担当して治療することを集学的治療と呼ぶが、 まさに小児脳腫瘍はこの集学的治療(チーム医療)が必要となる代表的な疾患である。図1に兵庫こども病院の場合の集学的治療の実際を示す。


要はこれらの複数の科が頻回にカンファレンスを持ち、密な連携を保つことが重要である。

TOP
化学・放射線療法
各疾患の解説と治療
臨床試験関連情報