白血病ってどんな病気なの?

『白血病』っていう病気は血液細胞のがん(細胞が勝手気ままに増殖する病気)で、骨髄(こつずい:骨の真ん中のスポンジ状のところ。ここで血液を作っている)の中で白血病細胞が増殖し、正常な造血(ぞうけつ:血を作ること)機能が低下するために起こる病気といわれている。

正常な骨髄

正常な骨髄

白血病細胞が増えた骨髄

白血病細胞が増えた骨髄

治療を受けると・・・

治療を受けると

本来いろいろな血液細胞はそれぞれの役割を担っているんだけど、白血病細胞っていうのは『成熟しない役立たずの細胞』で勝手気ままに増殖してしまうんだ。

そのせいで白血球や赤血球、血小板という正常な血液細胞を作りにくくなり、ばい菌をやっつける働きや血を止める力が弱くなる。

骨髄の中で増えた白血病細胞は血管に出て血液にのって体中にひろがる。そしてリンパ節のほか、肝臓や脾臓の中でも増殖を始めるようになるんだ。