白血病ってどんな治療をするの?

診察や検査で白血病だとわかったら、さっそく治療をはじめないといけないよね。

治療して早く元気にならなきゃね!じゃあ、治療ってどうやるんだろう?

だって白血病は血液の病気。血液は血管を通って体中のすみずみに走っているから、白血病細胞も体中に散らばっている。手術で悪いところだけを切って治すわけにはいかない。体中のすみずみに行き渡って、白血病細胞をやっつけてくれる治療がいるよね。それが、「化学療法」だよ。

化学療法は、おおまかに「入院してやる化学療法」と「外来通院してやる化学療法」とに分かれる。君たちの白血病の治療では、まず、「入院」して化学療法をやって、退院したら「外来通院」して化学療法を続けるのが普通なんだ。

治療スケジュール
白血病

その他に治療はあるの?

お薬を使う化学療法の他にも、放射線を使う放射線療法、っていうのがあるよ。放射線療法は、化学療法と組み合わせて使う。放射線っていうのは、目に見えない光のようなもので、それを当てると白血病細胞はやられてしまうんだ。たくさんのお薬を使って白血病細胞をやっつけた後に、他の人からもらった造血幹細胞(血液の赤ちゃん、種)を植える、移植療法というのもあるよ。

放射線療法も、移植療法も、化学療法を基本にして、君たち一人一人にあわせた一番いい組み合わせを考えていくんだ。

支持療法

白血病

支持療法というのは、化学療法がうまくいくように、体の調子を整えたり、バイ菌にかからないようにしたり、また、バイ菌が体に入って病気(感染症)になったらそれを治したり、輸血をしたりする治療のことだよ。白血球を増やす薬を注射したり、きれいな空気の出る装置に入ったりするのも、支持療法だよ。支持療法がしっかりできると、化学療法がうまくすすむんだ。

  1. 感染症の治療
    • 白血球が少なくなって、抵抗力が無いとき、どんなに頑張ってもバイ菌に負けてしまうことがあるんだ。これを「感染症」というんだ。バイ菌によっては、なかなか手強いキャラで、時にはピンチになることだってある。でも、大丈夫!そういうときは、抗生物質っていうお薬を点滴してもらえばいいんだ。白血球を増やすジー・シーエスエフっていうお薬を注射することもある。手強い敵だって、やっつけるアイテムはいくつもあるんだ!
      先生や看護師さんに聞いてみようね。
  2. 輸血
    • 化学療法をすると、しばらくの間だけ、白血病細胞ではない正常な血液を作る力も弱ってしまって、白血球や、赤血球や、血小板が少なくなってしまう時があるよ。でも、大丈夫。血液を作る力は、しばらくすると元気になってくるよ。だけど、もし、元気になるまでに時間がかかってしまったら、どうしよう?それでも、大丈夫!赤血球や血小板が少なくなったら、輸血をすればいいんだ。輸血というのは、血液を点滴で足してあげることだよ。
      その血液はどうやって手に入れるの?お父さん、お母さんから?いいえ、違うんだ。実は、病院に入院している君たちや他の患者さんの為に、病気ではない人たちが血液をくれるんだよ。これを「献血」というんだ。君たちのことを全く知らない人々だけど、君たちに早く元気になって欲しいと願って、「献血ルーム」というところで血液をとってもらうんだよ。献血で集められた血液は、血液センターというところで赤血球だけ、または血小板だけにパックされて、君たちの病院へと届けられるんだ。君たちが病気の治療に頑張っているとき、たくさんの人たちが応援してるってこと、忘れないでね。

◆治療を通じて◆

治療は長くなってしまう。その中で薬の副作用でしんどくなったり、検査を受けないといけなくて大変な時もあるだろう。そして、それ以上に、家族や友達と会えなかったり、今までの生活から離れてしまうことの不安もきっとあると思う。その中でお医者さん、看護師さん、薬剤師さん、院内学級の先生、入院で出会った友達や家族…たくさんの人が君の周りにいるって事を忘れないでほしい。みんな君と関わる方法はそれぞれ違うけど、君が病気に立ち向かえるように、そして少しでも治療中に笑顔で過ごせるようにっていう同じ思いのもとに、君のそばにいるんだ。だから体の調子が何かいつもと違うかなって感じた時や、わからないことがあって不安になった時には、気楽に周りの人に伝えたらいいんだよ。何にも一人で抱え込む必要はないんだからね。