サイトメガロウイルス(CMV)

Cytomegalovirus
ヒトに感染するウイルスで、初めての感染で重症となり得るのは胎児・新生児と免疫不全状態に陥ったヒトであるが、骨髄移植後などではすでに体内にあるサイトメガロウイルスの再活性化が生じ、重症の間質性肺炎の原因になることが知られている。

トップページへ



※当サイトはNPO法人エスビューローが管理しています。
(ホームページ http://www.es-bureau.org/