CRP

C-reactive protein
血液検査の一つで、炎症性疾患や組織崩壊性疾患などの病的状態で高値となってくるため、主に感染症の指標として用いる。重症感染であればあるほど高くなり、感染症がよくなれば低下してくる。

トップページへ



※当サイトはNPO法人エスビューローが管理しています。
(ホームページ http://www.es-bureau.org/