GVHD(移植片対宿主病)

Graft versus Host disease
移植した骨髄中に含まれる骨髄提供者由来のTリンパ球に起因して生じる疾患で、移植後100日以内に生じて発疹、肝機能障害、下痢などを特徴とする急性GVHDと、移植後100日以後に生じて自己免疫疾患様の種々の症状を生じる慢性GVHDとに分けられる。骨髄移植以外に通常の輸血後にもGVHDが生じることがあるため、白血球を含む血液製剤に対し予防的放射線照射や白血球除去などが行われている。

トップページへ



※当サイトはNPO法人エスビューローが管理しています。
(ホームページ http://www.es-bureau.org/