幼少期や学童期に発病した小児がん経験者の多くは、長期入院のため運動や外遊びの機会が少なくその後も運動に苦手意識があるように見えます。

しかし若年フレイルを予防し、生活習慣病に備えるためには「運動」と「社会参加」が大切です。

今回のシンポジウムでは両立できる道を提案します。

概要

8月22日(日)4階 Aホール 開始 13:00~

  • 小児がん経験者の早期老化を防ぐために ~最新研究から~
  • 原 純一 氏(大阪市立総合医療センター 副院長)

  • スポーツがもたらす生活習慣病への効果
  • 真田 樹義 氏(立命館大学 スポーツ健康科学部 教授)

  • アクセプタンス&コミットメント・セラピー(ACT)を通して考える、自分らしい生きがいのある生活
    ~慢性痛の臨床現場からの提案~
  • 酒井 美枝 氏(臨床心理士)(名古屋市立大学 大学院医学研究科 特任助教)

  •            
  • 知っていますか? 卓球療法
    ~車イスでもできる近年人気の運動療法~
  • 森 照明 氏(NPO 法人 日本卓球療法協会 顧問、医師)※録画参加
  • 長渕 晃二 氏(NPO 法人 日本卓球療法協会 理事長)

  • 悲しみに直面された方、ぜひご参加ください
    Not Just Postive or Negative: 生きていくための科学・医学
  • 柳澤 隆昭 氏(東京慈恵医科大学 脳神経外科学講座 教授)

  • 専門医との Q&A
    セッション
    「小児がん経験者の新型コロナウィルス対策について」
  • 〈登壇予定者〉
  • 原 純一 氏(エスビューロー理事/大阪市立総合医療センター 副院長)
  • 柳澤 隆昭 氏(ロスカレッジ顧問/東京慈恵会医科大学 脳神経外科学講座 教授)
  • 一戸 辰夫 氏(エスユース理事/広島大学 原爆放射線医科学研究所 教授)
  • 安道 照子(エスビューロー代表)、長澤 正敏(エスビューロー事務局長)
  • サマースクール シーズン10

参加申し込み(会場/リモート)


  • 大会参加申込み
  • リモート参加希望の方は必ず「申し込みフォーム」から申し込みしてください。
  • 会場参加は当日参加も承りますが、事前にお申し込み頂いた方が、受付がスムーズになり、席の確保なども優先となります。
  • お申込みは、下記WEBフォームより申込んで下さい。
  • 申し込みは8月20日(金)までとさせて頂きます。
  • FAXでの申し込みはトラブルを回避するため廃止致しました、下記WEBフォームより申込んで下さい。
  • 第13回小児がん脳腫瘍全国大会 参加申込みこちら!

  • 大会参加申込みQRコード

  • エスビューロー(Es Bureau)とは

    「患児の大切な命」を中心に、それを囲む家族とドクター、ナースなどの医療従事者、その他さまざまな人たちが、お互いに理解し合い歩み寄る橋渡しとなるべく、阪大小児科で入院生活をともにした母親と、当時診ていただいていた小児科の原医師、小児外科の草深医師とともに発足いたしました。厳しい治療、長期入院、またそこから発生するストレスや不安と日々闘っておられる患児とそのご家族。医療が進歩したと言えどもまだ多くの課題や困難をかかえている状況下、患者さんの切実な願いに対して、努力を重ね治療に臨んでくださっている医療者の方々。双方における精神的負担を、円滑なコミュニケーションと相互理解により100分の1でも緩和できるよう、また必要な知識とコミュニティの提供ができる様々な活動をおこなっています。

  • 「この法人は、医療従事者と患者側のコミュニケーションを促進する・・・などの事業を行うことによって相互の理解を深め・・・双方の精神的負担の軽減に寄与することを目的とする」

    これが当団体の定款に定められた目的です。すなわち”医療者と共に設立された団体である”という特色を活かし医療者と患者の中間で相互のコミュニケーションを促進する、またはその仕組みを作ることこそ第1のミッションです。医療者は患者の気持ちをもっとよく知り、患者は医療者の本意に耳を傾けるならば、もっと医療はよくなるはずだと私たちは思っています。

  • エスビューロー ミッション

    一人で闘病するよりも、励ましあえる仲間とともに歩むほうが治療成績もよいと考えられています。患者同士のコミュニティや患者家族のコミュニティができるならば、病気の内容と治療方法、晩期障害や心的障害など互いに必要なナレッジ(知識)を蓄積して行けるでしょう。私たちの闘病経験から得た知恵を外部の研究成果を踏まえてアレンジし、後輩に活用してもらうことが続いていくなら、つらい体験もまた意味を持つといえます。ナレッジと人が交流するコミュニティづくりが、もう1つのミッションであると考えています。

  • ご寄付のお願い

    エスビューローの活動は、みなさまのご寄付で支えられています。今後も継続的に活動を支援していただけるみなさまを募集しております。 患児・家族を支えるエスビューローの活動に対する、みなさまからの暖かいご支援がとても大切です。ぜひともよろしくご協力をお願い致します。
    ご寄付について